PC教室導入ソフトウェア一覧

学術情報基盤センターの管理するPCには、下記のソフトウェアがインストールされています。教育学部のPCについては教育実践総合センターへおたずねください。

講義等で下表以外のソフトウェアを経常的に利用したい場合は、春休みと夏休み期間中の年2回、更新・追加を行うことが可能です。有償無償を問わず学術情報基盤センターまでお早めにご相談ください

  • これ以外のソフトウェアを使用される場合は各自でインストールしていただいて構いません。ただし、PCの電源をOFFまたは再起動すると、インストールしたソフトウェアは削除されます。
  • PCのローカルドライブ容量が逼迫しているため、年間の利用頻度が極端に少ないソフトウェアは削除します。利用の都度各自で一時的にインストールするか、USBメモリ上で起動するなどの運用にご協力ください。

 

2019年度  * 教育学部は除きます

OS
  • Windows 10 Education (1803)
オフィスソフト
  • Microsoft Office 2013(Word, Excel, PowerPoint)
プログラミング
  • Cpad for Borland C++Compiler
  • CPad for Fortran
  • GCC Fortran(コンパイラ)
  • JDK
  • KompoZer
  • Microsoft Visual Studio 2015 (学術情報基盤センターのみ)
  • Notepad++
  • Python
  • 十進BASIC
Webブラウザ
  • Internet Explorer 11
  • FireFox
  • Google Chrome
  • Microsoft Edge
数学・統計
  • gnuplot
  • Mathematica
  • MATLAB (学内同時起動50まで)
  • R
  • SPSS (学内同時起動50まで)
ライフサイエンス関連
  • ChemOffice Professional
  • Scigress MO Compact (学術情報基盤センター、中央図書館デスクトップPCのみ)
  • PyMOL (農学部のみ)
  • Foldit (農学部のみ)
作図・地理
  • 123D Design
  • ArcGIS (学内同時起動50まで)
  • AutoCAD (デスクトップPCのみ)
  • Creo
  • Google Sketchup 8
  • Jw-cad
マルチメディア
  • Audacity
  • GIMP
  • Inkscape
  • VLC
  • Windows Media Player
  • WinDVD
通信
  • TeraTerm
  • WinSCP
PDF関連
  • Adobe Reader
  • CubePDF, CubePDF Utility
圧縮解凍
  • 7-Zip
その他
  • MikaType
  • CBT実施環境 (歯学部、医学部のみ)
  • 授業支援機能 (学術情報基盤センター、教育センターの教員用PCのみ)

2019.1.10 更新