ウイルス対策ソフトについて

学術情報基盤センターでは、本学の学生・教職員向けに、ESET 社のウイルス対策ソフト(Windows, Mac, Linux用)のライセンスを取得しています。

 

ダウンロードサイトと利用方法

ダウンロードとインストール、定義ファイルのアップデート方法などについては下記サイトを参照してください。

 http://nsec.cc.kagoshima-u.ac.jp/avsoft (サイバーセキュリティ戦略室・学内専用サイト)

 

使用条件(下記の1.2.の両方を満たす必要があります)

1.使用者の「職業」が鹿児島大学の学生または教職員であること。
卒業・修了・転出・退職等により、サービス利用対象者でなくなった時点で、アンインストールしてください。

2.インストールする機器の主たる使用場所が鹿児島大学内であること
学外から定義ファイルのアップデートを行うには、毎年5月ごろ更新されるIDとパスワードが必要です。

 

家庭のPC のウイルス対策について

キャンパス情報ネットワークに接続することがない家庭のPC にもウイルス対策ソフトウェアの導入は必須です。まだ導入されていない場合は、下記のように無料で利用できるものもありますので、必ず導入するようにしてください。

  • Windows Defender(Windows 8.1/10 に標準搭載)
    http://windows.microsoft.com/ja-jp/windows-10/getstarted-protect-your-pc
    http://www.microsoft.com/ja-jp/security/pc-security/windows8.aspx
  • Sophos Home(Windows 7/8.1/10、Mac OS X)
    https://www.sophos.com/ja-jp/lp/sophos-home.aspx
  • ClamAV(Linux)

 

その他

上記のほか、MSDN AA に契約している組織では研究開発目的であればForefront Client Security を組織所有のWindows PC にインストールできます。

 

2018.7.13更新