学認について

学術認証フェデレーション『学認』とは、学術資源を提供する機関・出版社等と学術資源を利用する大学等から構成される連合体です。本学は2017年2月に『学認』に参加し、2017年4月よりサービスを開始しました。

学認を利用可能な利用者について

本学に在籍する学生および教職員(一部例外を除く)となっています。自身の鹿児島大学IDで学認が利用可能かどうかは、「鹿児島大学IDマイページ」にログイン後、サービス一覧画面で「eduroam・学認」が利用可になっているかどうかで調べることができます。

鹿児島大学学認システム利用規約

本学構成員の方が学認を利用される際の利用規約を定めております。

鹿児島大学学認システム利用規約

本規約に合意される方のみご利用ください。

ログイン方法

下記の「利用可能サービス」にアクセスすると

のような「所属機関の選択」があります。ここで、「↓」より鹿児島大学を選び、「選択ボタン」をクリックしてください。すると、

のような画面となります。ここで、自身の鹿児島大学IDとパスワードを入力してください。その後「Login」ボタンをクリックしてください。すると、

のような画面となります。連携サービスに送信される内容に同意できる場合のみ下段の「同意」ボタンをクリックしてください。すると、連携サービスを利用できます。

連携サービスに送信される情報

連携サービスに送信される情報は、それぞれの連携サービスが要求するものによって違いがあります。ただし、最大でも以下の情報となっています。

項目名 意味
organizationName 組織名(英語) 「Kagoshima University」のみ
jaOrganizationName 組織名(日本語) 「鹿児島大学」のみ
eduPersonPrincipalName 鹿児島大学ID等を元に個人毎に生成されるID 長い文字列@kagoshima-u.ac.jp
eduPersonTargetedID 連携サービス毎に異なり、かつ、鹿児島大学ID等を元に個人毎に生成されるID 長い文字列
eduPersonAffiliation 職位 student, faculty, staff, memberのいずれか、または、複数の値
eduPersonScopedAffiliation スコープ付き職位 eduPersonAffiliationに @kagoshima-u.ac.jp を付加した値
eduPersonEntitlement 権限 電子ジャーナル等のサービスを利用する際の権限を表す文字列であり、原則として「urn:mace:dir:entitlement:common-lib-terms」のみ
  • 鹿児島大学IDそのものや、パスワードは、連携サービスには送信されません。
  • 連携サービスにログイン後、氏名やメールアドレスの入力を要求される場合があります。

利用可能連携サービス

2017.03.30更新

提供組織 連携サービス名 利用法等
金沢大 ARCADE(学術組織間デジタル資料分散共有システム) こちら
国立情報学研究所 FaMCUs(テレビ会議多地点接続サービス)
金沢大 File Transfer Service(ファイル送信サービス) こちら
国立情報学研究所 GakuNin mAP(学認クラウドゲートウェイ) こちら
国立情報学研究所 meatmail(GakuNin mAP対応メーリングリストサービス) こちら
国立情報学研究所 meatwiki(GakuNin mAPグループ用Wiki) こちら
科学技術振興機構 researchmap こちら
京都大 京都大学デジタルアーカイブシステム(研究者モード)
佐賀大 無線LANゲスト利用サービス(Opengate) こちら

利用可能連携サービスの追加申請

準備中

2017.03.30更新