学術情報基盤センターは平成25年6月3日より、新たにパブリックVPSサービスおよびパブリッククラウドサービスの提供を鹿児島大学部局および教職員に向けに開始いたしました。

・パブリックVPSサービス

さくらインターネットが提供するVPSサービスを利用した、無料で利用可能なパブリックVPSサービスです。部局でのウェブ公開、教育研究などに利用できます。

・ターゲット:部局の公開システム、その他公開システム。
・無料(今後課金の可能性もあり)
・ウェブから管理コンソールが利用可能
・ウェブからサポート受付可能
・大規模VPS:4コアCPU 4GBメモリ HDD 400GB
・小規模VPS:3コアCPU 2GBメモリ HDD 200GB
・多様な提供可能OS
・利用可能期間:2015年3月まで

 

・パブリッククラウドサービスの特徴

パブリッククラウドサービスであるAmazon AWS(Amazon Web Services)を公費にて教職員が利用できるサービスです。 AWSの多種多様なクラウドサービスが利用できるため、教職員の教育研究に柔軟に活用できます。

・ターゲット:教職員の教育研究
・公費で決済可能(AWS課金15%の手数料、基本料金なし)
・ウェブから管理コンソールが利用可能
・メールにてサポート受付可能
・従量課金サービス
・利用上限設定機能により計画的な利用が可能

学術情報基盤センターでは、従来より鹿児島大学各部局および教職員に対して、以下のハウジング/ホスティングサービスを提供して参りました。ハウジング/ホスティングサービス比較パンフレット

  1. ハウジングサービス
  2. 共用サーバ(DNS/WWW/メール)ホスティングサービス
  3. プライベートVPSサービス (旧名部局専用サーバホスティングサービス)
  4. 新:パブリックVPSサービス
  5. 新:パブリッククラウドサービス

学術情報基盤センターでは、新サービスの提供により、部局や教職員の更なる教育研究活動のサポートをしていきたいと考えています。

public-vps.jpgpublic-cloud.jpg