1. 「k」で始まる利用者IDが必要です。
  2. 端末室に新しい端末が入り、設置台数が変わります。
  3. いくつかのサービスが廃止されます。
  4. 端末で利用できるソフトウェアが変わります。
  5. 印刷方法が変わります。
  6. 配布ソフトウェアが変わります。
  7. Windows Live@Eduサービスが利用できます。
  8. その他ネットワークサービスについて
1.「k」で始まる利用者IDが必要です。 
現システムと同様、新システムのPC利用に際し、利用者認証を行います。認証に必要な利用者IDは、学生、教職員、その他を問わず、全て「k」で始まるIDとなります。「k」以外で始まるIDは利用できません。
「k」で始まるIDの受取方法

学 生 → 学術情報基盤センター窓口で配布。(医学部、歯学部はそれぞれの教務係)
本人確認のため、学生証の提示が必要です。
教職員 → 教職員等利用証発行申請書により、学内便または窓口(要本人確認)で配布。

申請書はこちらから取得できます
http://w3.cc.kagoshima-u.ac.jp/information/index03-2.html

 

2.端末室に新しい端末が入り、設置台数が変わります。
●各端末室設置台数について(太字が変更箇所)

部局 部屋名 旧PC(撤去)台数 新PC台数
学術情報基盤センター 第1端末室 47 47(D)
第2端末室 92 92(D)
第3端末室 35 35(D)
第4端末室 22 22(D)
共通教育1号棟(5階) 151号室 39 39(D)
152号室 52 52(D)
153号室 52 52(D)
154号室 15 15(D)
156号室 52 52(D)
教育学部 教育実践総合センター多目的室 41 41(N)
医学部 インテリジェント講義室 92 92(N)
マルチメディア情報演習室 91(D)
歯学部 第4講義室 80 71(N)
農学部 306講義室 33 61(N)
水産学部 第41講義室 56 56(N)
第13講義室 19(D)
工学部 プレゼンテーションルーム 82 --

 

3.いくつかのサービスが廃止されます。
以下のサービスが廃止されます。
・MOドライブ
・フロッピーディスクドライブ
・CD-R/RW書き込み機能
・Zドライブ(ネットワークドライブ)
・Active Mail
・Linux計算サーバ(kiriko)
・PPPダイアルアップ接続
*保存しなければならないデータ等は、USBメモリー等を購入し、保存してください。また、後述の「Windows Live@Edu」の項で述べる「Windows Live SkyDrive」を利用することも可能です。

OSは全てのPCで Windows XP Professional SP3となります。また、各端末室のPCに導入されるソフトウェアは以下の表になります(有償ソフトウェアのみ記載)。
導入される端末室 ソフトウェア名(有償ソフトウェアのみ記載)
全端末室 Word 2007, Excel 2007, PowerPoint 2007, Mathematica, SPSS Medical Model, MATLAB, Control System Toolbox, Simulink, ArcView, ArcGIS Spatial Analyst, ArcGIS 3D Analyst, ArcGIS Network Analyst, Image Analysis for ArcGIS, Pro/ENGINEER, ChemBioOffice Ultra, Scigress MO Compact, GENETYX, GauusianW, GaussViewW, NOD32
学術情報基盤センターおよび教育センター内端末室のみ Visual Fortran コンパイラー
学術情報基盤センター, 教育センター, 教育学部端末室のみ Visual Studio 2008 Professional Edition
教育学部端末室のみ ホームページビルダー

新システムでは2種類のプリンタが導入されます。
プリンタの種類 印刷方式 設置場所および台数
オンデマンドプリンタ
(以後ODP)
モノクロレーザプリンタ
(両面印刷可、A4のみ)
学術情報基盤センター内(5台)
共通教育棟内 (4台)
中央図書館 (1台)
図書館桜ケ丘分館 (1台)
図書館水産学部分館 (1台)
スタンドアロンプリンタ
(以後SAP)
カラーレーザプリンタ
(両面印刷可)
医学部、歯学部、水産学部、教育学部の各端末室に1台

■ODP印刷方法
1、PCで印刷要求を出す。
2、プリンタ付属のバーコードリーダに利用証をかざす。
3、プリンタ付属のタッチパネルで印刷したいデータを選択する。
4、印刷実行ボタンを押す。
■ODP12台はネットワークで接続されています。共通教育棟内PCより印刷要求を出し、
学術情報基盤センター内ODPで印刷を行うことも可能です。(逆の場合も可能。)
学術情報基盤センター内のODP5台は、1階のプリンタスペースに設置します。
(各端末室には設置されません。)
■SAPは、それぞれを設置している端末室内にあるPCからのみ印刷が可能です。

配布ソフトウェアとは、学生・教職員が研究室などで使用できるソフトウェアです。
●ウイルス対策ソフトウェアについて
■以前より配布を行ってきたウイルス対策ソフトウェア
・Windows用 Symantec Antivirus Corporate Edition/Symantec Endpoint Protection
・MacOS用 Symantec Antivirus for Macintosh
→ 2009年2月28日で利用契約が解除されます。これ以後の利用は不正となります。
■2008年度より配布を行っているウイルス対策ソフトウェア
・Windows 用 NOD32 Antivirus
・MacOS用 Sophos Anti-Virus for Macintosh
→ 2009年3月以降も利用可能です。
●その他サイトライセンス取得ソフトウェアについて
■新システム期間中(2009年3月1日~2013年2月28日)に利用できるソフトウェアは、
下記のとおりです。申請があった方へ、2009年3月1日以降配布いたします。
学内便も利用できます。
申請書はこちらから取得できます
http://w3.cc.kagoshima-u.ac.jp/information/index03-8.html
ArcGIS
ChemBioOffice Ultra
GaussianW+GaussViewW
GENETYX
Intel Visual Fortran
Mathematica
MATLAB
MOE
Pro/ENGINEER
Scigress MO compact
SPSS Medical Model

(注)旧システム期間中(2005年3月1日~2009年2月28日)に提供されたソフトウェアをお使いの方は2009年3月1日 以降は使用できなくなります。ご利用中の配布ソフトウェアがありましたら、2009年3月1日 までにアンインストールしてください。

●生涯メールサービスが開始されています。
「生涯メールサービス」は学生が卒業後も使えるメールサービスです。2008年3月よりサービスを開始しています。在籍中の教職員も利用が可能です。「生涯メールサービス」のログインIDは、「k」で始まるIDです。
利用方法については、http://w3.cc.kagoshima-u.ac.jp/service/index04-6.htmlをご覧ください。
●ファイル保存サービス「Windows Live SkyDrive」が利用できます。
SkyDriveはオンラインのファイル保存サービスです。ネットワーク環境がある場所では、いつでもどこらかでも利用できます。保存容量は最大25GBです。「SkyDrive」の利用方法については、googleなどの検索サイトにて、「SkyDrive はじめてガイド」をキーワードとして検索し、『はじめてガイド_SkyDrive - Windows Live on MSN』のページを参照してください。
SkyDrive

●教職員用の新しいWEBメールサービスが開始されます。
ActiveMailへはログインができなくなりますが、ActiveMailで利用されていたメールアドレス(**@ms.kagoshima-u.ac.jp)は、今後も利用できるよう検討中です。新たなWEBメールサービスが利用可能となる予定です。また、教職員も、「生涯メールサービス」は利用可能です。
●VPN接続サービスが利用できます。
Web上で認証を行うことにより、学外から鹿児島大学内のプライベートネットワークを利用することができます。(部局等により制限があります)
詳しくはhttp://w3.cc.kagoshima-u.ac.jp/on_doc/service/how2vpn3.pdfをご覧下さい。このサービスの認証は全て「k」で始まるIDとなります。ただし、現在のところWindowsXPからの利用に限られます。